マタニティウェディングの注意点|ハワイ挙式プロデュース|プルメリア

Plumeria Hawaii Wedding Produce
オンラインにてサロンのご予約はこちらから
お問合せ電話番号 日本国内にて受付(受付時間 11:00~17:30) 045-317-7667
マタニティウェディングの注意点

マタニティウェディングの注意点Hawaii Wedding

Information

Maternity Wedding Pointsマタニティウェディングの注意点

マタニティウェディングの注意点

結婚の喜びと同時に新しい命の誕生を心待ちになっているころ。
初めてのウェディングと初めての出産で準備に追われていませんか?
マタニティハワイウェディングには、いくつか注意する点がありますが、あらかじめ理解しておくことで安心してウェディングを行うことができます。

マタニティ挙式がおすすめの時期

まず、はじめにマタニティウェディングに適していると言える時期は、つわりなどが落ち着いてきた「安定期」の妊娠5ヵ月から7ヵ月くらいの時期です。 あくまでも目安のため、お腹の赤ちゃんのことを第一に考えて適した時期を選びましょう。 また、式場が決まった際には必ず会場のスタッフに妊娠していることを伝え、配慮してもらいましょう。

注意すること

◆ヒールの高い靴に注意

普段、ヒールの無い靴を履いている方なら尚更、ウェディングドレスと合わせる靴には注意しましょう。
ウェディングドレスを着た状態で履きなれない靴を履くと転倒の原因になります。
ヒールの低い靴を選ぶか、足全体が安定しているウェッジソールを選びましょう。
また、妊娠中は体も浮腫みやすくなります。
そのため足の疲れにくさと履きやすさ重視で選ぶのがおすすめです。

◆体を冷やさないように注意

ウェディングドレスによっては露出された部分から体が冷えてきます。
体が冷えないように、ファー付きの羽織るものなども一緒に準備しておきましょう。
また、緊張からドリンクを飲みすぎてお腹を冷やしてしまうのも注意です。

◆ウェディングドレスのサイズに注意

マタニティウェディングでは、お腹が締め付けられないウェディングドレスを選ぶのが基本です。
お腹が大きいからドレスの種類は限られてしまう。と思われる方も多いですが、
最近では芸能人の方がプロデュースされた人気のウェディングドレスの中でも、締め付けられず、お腹が目立たないウェディングドレスは沢山あります。
ただし、サイズには注意。選んだ時期と着る時期は異なるため、それを考慮したうえで選ぶように気を付けましょう。

マタニティ専用ドレスの選び方はこちら≫

マタニティ挙式プランを活用しよう

マタニティプランとは、その名の通り妊娠している花嫁向けのプランです。
妊娠しているため、ウェディングを行う時期が直近であり限られてきますが、式場のキャンセル枠などの空きがある場合はリーズナブルにウェディングを行うことができます。
また、このプランは花嫁の体調に合わせて打ち合わせが最小限であるなどのメリットも!

おすすめマタニティフォト

ハワイウェディングと合わせて、ハワイマタニティフォトもおすすめ。
芸能人の方がSNSにマタニティフォトをアップしたことから徐々に浸透し、国内のマタニティフォトスタジオも増えてきています。
お腹の赤ちゃんと一緒に過ごせる僅かな瞬間をマタニティフォトで形に残し成長したお子様に見せてあげてみてはいかがでしょう。

おすすめハワイマタニティフォトプランはこちら≫

お腹の赤ちゃんと一緒にバージンロードを歩ける喜びはマタニティ挙式ならでは。 マタニティウェディングの注意点をおさえて素敵なハワイウェディングを行なってください。

オンラインにてサロンのご予約はこちらから
お問合せ電話番号 日本国内にて受付(受付時間 11:00~17:30) 045-317-7667
PAGE TOP