ハワイウェディングの大まかな費用|プルメリア

Plumeria Hawaii Wedding Produce
オンラインにてサロンのご予約はこちらから
お問合せ電話番号 日本国内にて受付(受付時間 11:00~17:30) 045-317-7667
ハワイウェディングの大まかな費用

ハワイウェディングの大まかな費用Hawaii Wedding

Information

How much?ハワイウェディングの大まかな費用

ハワイウェディングの大まかな費用

ハワイウェディングの魅力はなんといっても、日本国内で結婚式を挙げるよりもリーズナブルにできること!とはいえ、「本当に安いの!?」と疑問をおもちの方も少なくないはずです。そういった疑問や不安を解消するべく、ハワイでの挙式にかかる費用について、さまざまな側面からご紹介します。

まず、ハワイウェディングにかかる費用を大きく分けると、「挙式にかかる費用」「現地レセプション費用」「渡航費用+滞在費(新婚旅行を含む)」の三本の柱が挙げられます。 これらをすべて合わせた費用の相場は、約150~200万円程度。もちろん、時期やプランのグレードなどによっても大きく変わってきますが、一つの目安として考えるとよいでしょう。ハワイウェディングを専門にプロデュースする会社や旅行会社などで、さまざまな挙式プランを提案しています。その「挙式プラン」「挙式パック」と呼ばれるものが、ここでの「挙式にかかる費用」と考えていただくとわかりやすいのではないでしょうか。ただし、その値段だけを見て、「高い」「安い」と判断するのは危険。というのも、基本の挙式プランに「何が含まれているか」「どこまで含まれているか」によって、大きな違いが出てくるからです。そのため、気になるプランを提供している会社をいくつかリサーチして見積もりを取る場合には、金額だけでなく内容の詳細までをきちんと比較して、検討する必要があります。挙式プランの料金の安さにつられて契約したものの、すべてがオプションになって結果的には高くついた…なんてことにならないように注意しましょう。それでは、ハワイウェディングの費用となる三本柱の内訳について、さらに具体的に見ていきます。

挙式にかかる費用

ハワイウェディングにかかる費用の相場は、約30~80万円。この中には、教会や会場の使用料、新郎新婦の衣裳、ヘアメイクや小物、ブーケ、牧師謝礼、結婚証明書の発行料、撮影費用、介添料などが含まれている場合がほとんどです。挙式をする会場や教会、衣裳などによって大きく値段が変わってきますが、一つの目安にしてみてはいかがでしょうか。また、基本的な挙式プランの中に新郎新婦の衣裳代が含まれていない場合には、別途で20~60万円程度の費用を見ておく必要があります。 さらに、リーズナブルな挙式プランの中には、撮影料やアルバムの費用などが含まれていないものもあるため、その場合には別途手配をすると、15~30万円程度かかると考えるとよいでしょう。ハワイならではのロケーションやシチュエーションでの撮影をお望みであれば、プロのカメラマンの撮影が基本パックに組み込まれているプランを選ぶのがおすすめです。

現地レセプション費用

現地レセプション費用

ハワイでお披露目パーティーをする場合には、出席者によっても費用が大きく変わってきます。親族やごく身近な友人などを招き、出席者の平均は10名前後が目安。招待客1名につき、1万~1万五千円程度の費用を考えておくとよいでしょう。また、ハワイウェディングに参列していただく場合、旅費を各自に実費で負担してもらうのであれば、レセプション費用は新郎新婦がすべてもつのが一般的です。

渡航費用+滞在費

往復の旅費、ホテル代、食事代などを含めた費用です。新郎新婦の旅費と滞在費用の相場は、50~100万程度。渡航する時期やホテルのランクなどによっても大きく異なりますが、新婚旅行を兼ねて1週間程度の日程を組むカップルが多いでしょう。

オプション
オプション

基本プランに含まれていても、「一生に一度のことだから」「せっかくのハワイウェディングだから」という理由で、オプションにてアップグレードする場合も。例えば、新婦の衣裳やブーケ、アルバムなどにこだわったり、ロケーション撮影の場所を変更したりするカップルも多く見受けられます。

ブライダルエステ
ブライダルエステ

ハワイといえば、ロミロミやスパが有名です。万全の体調やお肌のコンディションで結婚式に臨むためにも、余裕をもった日程を組んでブライダルエステをするのもおすすめ。プランや内容によって差はありますが、約5~20万円が相場だといえるでしょう。中には、カップルで受けられるプランもあるので、事前にリサーチしておくのがポイント。

ショッピング+おみやげ代

こちらも一概にはいえませんが、おみやげ代を含むショッピングの費用として、20~50万円程度を考えているカップルが多いでしょう。

同行者(参列者)の旅費

海外挙式に親族や友人を招待する場合、その費用の負担をどうするか、御祝儀をいただくかどうか、頭を悩ませる方も多いでしょう。ご両親の旅費を新郎新婦で負担される場合もあれば、逆にご両親からの援助を受けられるカップルもいらっしゃいます。また、参列者の方には実費でお越しいただき、挙式後のウェディングパーティーやレセプションで食事をご用意する、という形が一般的かもしれません。ただし、こちらもケースバイケースですから、経験者や周囲の方の声も参考にしながら決めるとよいでしょう。

オンラインにてサロンのご予約はこちらから
お問合せ電話番号 日本国内にて受付(受付時間 11:00~17:30) 045-317-7667
PAGE TOP